動物学的に見た猫の飼い方

猫の動物学とその飼い方


断食ダイエット
パナソニック ナノケア
コーヒー福袋
シトルリンXL
ゲルマスパッツ
ワンダーボム
コラントッテ
キングリーマスク
発電機
AKB48サイン色紙くじ
メキシコダウニー
GIRLS' GENERATION
レイリー
入浴剤
敏感肌用シャンプー
弱酸性の洗顔料
リキッドタイプ ファンデーション
幸せの黄色いカステラ
グラニフ楽天
グラマー
ひんやりナイトシーツ
メイクボリュームコントロールブラ
バレンチノ
セルライトを除去
マジカルパフ
ディッキーズ
骨盤ガードル
セイコー
紫の赤兎馬
レッグマジックX
ネイティブスピード
イージー・ドゥ・ダンササイズ
みらいのこうそ
ストレス改善
着る毛布
アンクル ショート ブーティ
美容液ダイエットシェイク
マフラー
タラバ蟹脚
孫 プレゼント

猫の動物学

「猫」と日本で一般的に呼ばれる動物の学名は、動物学的には、ネコ科の「イエネコ」となります。
猫を動物学的に見た場合、他のネコ科の動物に比べて体は小さいものの、明るさの変化への反応が速い瞳孔、発達した聴覚、柔軟な身体、瞬発力など、狩猟に適したさまざまな能力の名残を残しています。
愛らしい容姿とはうらはらに、動物学上は、ライオンやトラ、チーターなどの猛獣と同じネコ科なわけですから、肉食で、夜行性でもあります。
猫は生まれて9〜10ヵ月で成猫となり、メスは年に数回発情期があります。妊娠期間は約2ヵ月ほどで、1回に生む子猫は約4匹と言われます。
猫の寿命は、動物学上では約10年前後とされていますが、室内で飼われているペット猫の場合、平均寿命は近年延びる傾向にあります。

動物学的に見た猫

猫、――つまり、現在、日本でペットとして親しまれている飼い猫の学名は、動物学的に見ると、ネコ科の「イエネコ」となります。
猫は、他のネコ科の動物に比べて小型ではありますが、動物学的には、ライオンやヒョウ、チーター、ジャガー、ピューマなどの大型の猛獣と同じ科に属している仲間なのです。
ネコ科の動物は肉食で、獲物までの距離を正確に測ることのできる視力、明るさの変化に素早く適応する瞳孔、鋭く指向性の高い聴覚、すぐれた嗅覚――など、狩りに適したさまざまな能力を備えていることが動物学的にわかっています。
ペットの飼い猫も例外ではなく、かわいく穏やかに見えますが、動物学上は、そのようなネコ科の習性を持っている生き物なのです。
こういう動物学の豆知識を知ると、飼い猫が、夜中にドタバタと暴れ回ったり、ネズミを捕るのが上手だったりする理由が、なんとなくわかってくるのではないでしょうか。

猫の病気について

猫の病気は、初期の頃は飼い主も気がつきにくいものです。猫が吐いたり、下痢をしたりして初めて、病気だとわかることもあります。
猫が病気かもしれないと思ったら、速やかに動物病院に連れて行き、獣医に診てもらいましょう。動物病院では、必要に応じて、問診や身体検査、糞便や尿検査、血液検査、レントゲンやエコー、心電図検査などを行い、適切な薬を出してくれます。
猫の病気には、伝染病をはじめとして、命にかかわるようなものもあります。特に、野良猫などと接触する機会のある猫は、病気にかかりやすいと言われています。
病気予防のため、定期的に、動物病院でワクチンの予防接種や健康診断を受けておくことが大切です。


猫の病気

猫の病気には、伝染病など、命にかかわるものも多くあります。特に、猫が屋外で他の猫と接触している場合は、病気をもらってきやすくなるので要注意です。
猫の病気のサインは、下痢をする、吐く、けいれんする、鼻水が出る、食欲がなくなる、体をしきりに噛む……等々です。何かしらの変化を感じて「病気かもしれないな」と思ったら、速やかに、かかりつけの動物病院の獣医さんに相談しましょう。動物病院では、病気の症状に応じた検査と、薬の処方をしてくれます。
また、ワクチンの予防接種によって、防げる病気もあります。特に、ウィルス感染の場合は病気になってからでは遅いので、健康診断や予防接種を、定期的に受けておくようにしましょう。

ちょっとした行動の意味

【爪をとぐ】爪をとぐ木はたいてい決まっている。ネコは幹にそって出来るだけ上の方に体をのばし、爪を樹皮にひっかけてとぐ。樹皮のひっかき傷はなわばりのしるしになるのである。ヒョウ、ピューマなどでもやはりひっかき傷をなわばりのしるしとして使っている。ネコはまた争いが引き分けとなったり妨害が入って中断することになった場合にも爪をとぐそぶりをする。ネコの爪をとぐ動作は他のネコに対してきわめて強いショックを与えるものであるらしい。
【舌打ちと舌なめずり】おいしそうな獲物がすぐ目の前にありながら、実際に手に入れられないときには、ネコは頭をひき、顎をうちあわせて舌打ちのような音を出したり、あるいは舌なめずりをする。顎を打ちならすのは、獲物を殺す行動の先どりのようだ。
【あくびと背のび】眠っているところをじゃまされたネコは、すぐその場を去るようなことはない。そのかわりに、何度もあくびをくりかえし、のびをする。これはけっしてこれから眠ろうというのではない。妨害に対する一種の抗議だ。
【あちこち眺める】緊張して、獲物にしのびよっていたのに、獲物がさっさと逃げてしまうと、ネコは前半身を高くあげて、あちこち眺めまわす。なめる 休息や食事、あるいは散歩など、何かをしていたのを、人間などの出現で中断されると、鼻をなめたり、肩や前・後足をなめる。なめる部分はそのネコによって、たいてい決まっている。
【前足をふる】たとえば、あともう少しである休息場所に行きつくというところで、他のネコにそこを占領されてしまったという場合のように、あるいは、目的地に何らかの理由で行けなくなった場合には、ネコは立ちどまる。そして、片方の前足を上げ、しばらくそのままにした後、前足をふりはらうようにしておろすと、方向転換する。
【木に登る】他のネコのなわばりに侵入して、土地のネコに追われたネコは、木に登って、そこを最後の砦として防衛戦を展開する。そこが自分の領地ではないという不利な状況を少しでも改善しようというわけだ。
【尿をする】雄ネコは自分のなわばりを尿で標識する。適当な対象をみつけると、うしろを向き、後足をのばして、尾をあげる。尿が出たところで、ペニスを後方に向けて、尿を両後足の間から後方の対象にふりかけるわけである。ライオンの雄も同じようにして、自分たちのなわばりにしるしをつける。
【糞をうめる ネコ類はなわばりのしるしに使う場合をのぞいて、糞と尿に土をかけてうめる。したがって、それをするのは、自分のなわばりの奥(中心部)で糞か尿をする場合だけである。たとえば、オオヤマネコとヨーロッパヤマネコでは、なわばりの周辺部では糞と尿に土をかけない。糞と尿をうめるのは、獲物に対して自分の存在をかくすためといわれているが、はっきりした理由はわかっていない。
【マタタビとネコ】どんな動物も自分の食物に関係したにおいと、仲間の性的なにおいには特に敏感である。マタタビは植物なのに肉食のネコ類が強い感受性を有するのは、それが性的な何かと関係があると推定できる。実際マタタビに酔ったネコの行動は発情した雌の行動とよく似ているのである。最近の研究ではマタタビにはある時期のネコの発するにおいと同一か、あるいはきわめてよく似た物質が含まれていることは、ほとんど確実だといわれている。
【ネコと人間】たいていの家畜は、野生の時代の行動パターンを大きく変化させられている。けれどもネコはちがう。ネコは自分たちの行動はほとんど変えずに、ただ人間から逃げなくなったというだけのことで、家畜になった。ネコにとって人間は、仲間のネコに対するようにさけなければならない相手ではない。独立独歩のネコはふだんたがいにさけあっているが、人間はそのような気持を起こさせるほどネコ的な性質をそなえていないからである。だから、人間は、急激に動いたりするような、ネコの苦手な行動をとりさえしなければ、ネコにとっては、他のネコとつきあう以上に、つきあいやすい相手なのである。

  • 猫の飼い方
    猫を飼う時には、まず、一つの命を預かることへの責任と飼い主の義務について、考えておくことが大切です。

    猫の飼い方

  • ペット用品
    猫の飼い方としては、それらを知ったうえで、キャットフードや食器、トイレ、首輪、爪とぎ、キャリーバッグ、ベッドなど、必要なペット用品を揃えて、猫を迎えます。

    ペット用品

  • 動物病院
    猫が生後8ヵ月を過ぎているなら、動物病院で避妊手術・去勢をしてもらうことをお勧めします。

    動物病院
動物学的に見た猫の飼い方TOPへ